はじめに


江戸川労働基準協会
支部長
はが ひろし
羽下 博

 当協会は、昭和41年4月、江戸川区内の事業場をもって組織し、労働基準法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法等労働関係法令の適正円滑な運営と実践に努めてきたところです。
 江戸川区にあっては、労働災害の発生、一般労働条件の確保、健康保持増進の面において、なおも都内の他の地域に比べ立ち後れがみられます。
 円滑な企業運営を図るためには、これら労働災害防止と労働条件確保等に適正な対応を図ることが必要不可欠です。
 そこで、当協会は、皆様方企業の労働条件並びに労働環境の改善と充実を図り、地域全体の労働福祉の向上を目指し、労働条件の確保、労働災害防止対策、災害補償の問題等の対応にあたり、経営者の立場に立って、いわゆる世話役的な役割として各種事業を行っております。
 当協会の趣旨と目的をご理解いただき、この機会に是非ご加入下さり大いに活用していただきたいと思います。
江戸川労働基準協会の事業目的
 当会は、会員相互の連絡提携により労働基準法及び関係法令の適正円滑な運営と実践に協力し、労働条件の近代化により生産性の向上を図り地域産業の興隆に寄与することを目的とする。

1. 労働基準法及び関係法令の啓蒙宣伝並びに周知徹底に関する諸事業
2. 産業安全、労働衛生、労災補償、労働者の福利厚生等行政の施策に関する労働条件並びに労働環境の向上に対する研究助成、資料の作成及び提供
3. 労働時間、賃金、労働能率、その他労務管理に関する調査、研究、資料の作成及び提供
4. 講演会、講習会、研究会、懇談会、技能協議会、レクリエーション等の開催、健康づくり専門部会を設置して、健康管理等についての各種情報提供並びにセミナー等の実施
5. 労働安全衛生活動優良事業場及び優良労働者の表彰
6. 諸印刷物の刊行
7. その他、本会の目的達成のための必要な事業